フリツヤガスリ

 

不律矢絣。

かの森鴎外は、自らの息子に不律と名付けたそうだ。

それにしても美しい字面である。

 

ところでこの和柄は青い和柄として描いた。

後にこの和柄を使用した服が発売されると、これは紫だと表現された。

わたしのかいていないものが見えている。

線と塗りの世界で、あなた達は何を見つけたんだ。

見たということはそこに存在するということになるので

青いフリツヤガスリと

紫のフリツヤガスリがあり

そのどちらも存在するということになる。

かいてないけど確かに存在する紫のフリツヤガスリ。

 

この画面にうつっているのは、どっち色なのか。