シロタエウサギ

 

うさぎまんじゅうの和柄。

あんこの中はつぶあん。

 

白妙、というのは白いものにかかる枕詞。

色を形容する言葉が好きだ。

わたしとあなたの中に同じ色は存在しない。

様々な器官を通し、やがて脳から届くその色は同じ「白」という言葉を使ったとしても

「同じ白」ではない。

 

わたし自身の「中身」を投影したテキスタイルという媒体を見て、あなたがそれを好ましく思う時

わたしの中にある「中身」をあなたが好ましく思ったのだろう。

他人の作り出したものを好きだと感じる時、他人の中身を垣間見ている。

かじられたうさぎまんじゅうのように。

中身のあんこを見ている。

 

余談だがこの色は当時のグラフィック担当とカラーリングのイメージを打ち合わせる際に

とあるキャラクターの名前を伝えている。

ロシアの未来を担う氷の虎の、不屈の心は伝わるだろうか。